スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クッシングの第一人者が下した結論は・・・。


「フィー家と横須賀巡り」の途中ですが。。。 


2週間後の通院で、今日また まつき動物病院に行って来ました

なぜかやる気満々のポワロさん。  自ら診察室へ猛烈ダッシュ  (絶対、前回ここでご飯食べたことを覚えてるな・・・

IMG_1125.jpg


笑顔で松木先生を待つ

1_201710072313197db.jpg


こらこら、まぁちゃん。  「パァ~」は止めなさい

2_20171007231321806.jpg



今日も大暴れのポワロさんを3人がかりでHoldして、どうにか診察・・・・

IMG_1131.jpg


先生から宿題として出されていた尿とビデオと飲水量の表を確認して頂き、腎臓と副腎のエコーも撮影。  そして、クッシングの第一人者・松木先生が、今後の方針として出した結論は。。。。



   やっぱり、クッシングの症状ではないね 
  通院も今日で終わりでいいでしょう



やったぁー! やったぁーー! やったぁああああああああ


この3ヶ月、この言葉をどんなに夢見たことか。。。   一番最初にクッシングと診断した前の病院では10人近くの先生がいて、私が疑問を口にしても。。。誰一人クッシングを疑わなかった。  セカンドオピニオンをお願いした東京N大学獣医センターの先生にも、私はクッシングにしてはおかしいのでは?と尋ねたが。。。自信満々に「ここにもクッシングの子はたくさん来ますが、間違いないです。 今から治療を始めて下さい。」と言われた。

だからだから、こんな日が来るなんて、本当にのよう!!  嬉しい、嬉しい、嬉しい  あの確定診断を考えると奇跡

IMG_1137.jpg



今回この結論に至った理由は、

  1. 飲水量が明らかに減り、今は正常値に近い。 (この2日間は500mlを切りました!)
  2. Videoで撮影した水の飲み方が、執拗でクッシングの飲み方とも違う。
  3. 尿比重が、まだ問題はあるが1.015近くまで戻って来た。 (以前は1.005前後でした!)
  4. 腎臓・副腎エコーで全く問題が見受けられず、大きさ・形もクッシングの症状を見いだせない。

では、心因性かと言うと。。。  はっきり断定も出来ず (心因性多飲にしては、期間もとても長いようですし)。。。 「飼い主へのアピールなのか、構って病なのか? この子の場合は、ちょっとわからない。。。」と言われてしまいました 


体の病気ではないので、心に起因するものには違いないのでしょう。  でも、もうはっきりした診断なんていいんです!  ぽんちゃんが体の病気じゃなくて、そして今問題であった部分が治ってきてるなら  そして心に起因してるなら、私とまぁちゃんはこれからぽんちゃんに、これまで以上にストレスや寂しい想い、怖い思いをさせない生活を与えてあげればいいのだから



前回来た時から、ぽんちゃんの事をとっても可愛いがってくれる看護師さん達が、検査を頑張ったぽんちゃんにおやつを下さった

1_20171008094532a56.jpg


ここにおやつがある!と手で催促するぽんちゃんに、みんなで大笑い

2_20171008094534edb.jpg


もう一人の看護師さんがおやつを準備する間、いつものように「誰も見てないお手」で待つぽんちゃんに、みんな大ウケ!  さっき、診察室で大暴れで待てなかった子は誰かな~?って

IMG_1154.jpg



クッシングでないと診断され、いつものぽんちゃんのお笑いぶりに、みんな笑顔の待合室。  こんな見慣れた風景も、今日は一段と幸せで輝いて見える。。。 

4_201710080945377c1.jpg


今日は、幸せで涙出そうになった。。。   

3_20171008094535961.jpg




応援して下さった皆さん。  ポワロのためにお祈りして下さった皆さん。  そしていろいろとお世話になった皆さん。 本当にありがとうございました。  ぽんちゃんも、とっても感謝していると思います

DSC05999.jpg


やっとこんな青空のように、すっきり出来ましたぁ~   

DSC06666.jpg


明日から、本当の普通の生活に戻ります

DSC05796_201710080037316fb.jpg




この3ヶ月間頑張ったぽんちゃんに、頑張ったね~のポチッとお願いします。
こちらをクリックしてね!
 

スポンサーサイト

ぽんちゃん、あの手この手で諦めが悪い。。。(笑)


忘れもしない7月1日にクッシングと診断される前の。。。まだ平和な4月初旬のお話  いつもの (そしてもう2度と行かない) Y病院へ、ぽんちゃんのワクチン注射に行って来ました

お出かけと勘違いして、嬉しそうなぽんちゃん。。。 不憫じゃ~

1_20170513225231126.jpg


事実を知った時。。。。

2_2017051322523280f.jpg


笑顔と見せかけぇ~

6_201705132252366ac.jpg


脱走 (笑)

7_201705132252388b2.jpg


3_2017051322523394b.jpg



また他人の車に逃げ込もうとして、失敗すると。。。

8_201705132252399cf.jpg


枝の中に隠れる

9_20170513225241d18.jpg


もしもし・・・。 今日もお尻が丸見えですぜ

10_201705132252423ca.jpg



無事捕獲し、病院の待合室へ。  ぶれないぽんちゃん、今日も敵情視察に余念がない

15_20170513225244a47.jpg


が、診察室から聞こえてくる同胞の悲鳴に。。。

16_201705132252459aa.jpg


再び、脱走

18_20170513225247659.jpg



再度、捕獲された後は。。。 いつものように椅子の下に隠れることにしたらしい

右確認、良し!
20_20170513225248279.jpg


左確認、良し!
21_20170513225258eb8.jpg


ちょっと安心したらしい

22_2017051322525907e.jpg

が、今度は頭が丸見えだけどね。。。 ハハハハ



順番を待つ間、何度も私を振り向き、「帰ろぉ~」アピール

26_20170513225303057.jpg


笑顔でごまかされませんからぁ~

27_2017051322530475d.jpg


看護師さんが前を通ると、かたつむりのように頭を引っ込めてぇ~

28_201705132253054e7.jpg


また、「帰ろぉ~」アピール    

29_20170513225307aff.jpg

ぽんちゃん、お願いだから。。。。 お股の間からアピールするのは止めて 



今日も3人がかりで大暴れのぽんちゃんを押さえつけ  無事(?)、注射と定期検査が終わりましたぁ〜。

30_20170513225309eb1.jpg
 





小さい時からお世話になった病院だけど、あのまま通院してたら
疑いもせずまだお薬を飲まされていたかと思うと。。。今でも怖い
最後の最後にぽんちゃんを守ってあげられて、本当に良かったぁ

改めて笑顔が戻ったポワロ家に、ポチッ!とお願いしまぁ~す
こちらをクリックしてね!
 

確定診断の難しさ

9月25日(月曜日)。  東京の渋滞に揉まれながら。。。 まつき動物病院に行って来ました  6月に東京大学を辞められ、8月から開業されたクリニックはとっても綺麗。  そして、松木先生はとっても穏やかで優しくて素敵な先生でした

今までに、何百頭(何千頭?) ものわんちゃんに会っている松木先生。  実は、コイケルを見たのは今日が初めてだそうで、なんとぽんちゃんが記念すべき「コイケル第一号」でした  でも、それだけコイケルに内分泌の難しい症例が少ないということでしょうか?

IMG_1023.jpg



既にT母さんから全ての資料が渡り、事前にいろいろ調べて下さっていた先生。  まずはMRI画像を見て、「稀に脳腫瘍による多飲多尿の可能性もありますが、全く問題のない普通の脳ですね。」と、松木先生にも診断頂きました  まずは第一関門クリア~

そして、ぽんちゃんの現在の特異な症状を再度説明し(詳細は、また別途ブログに書きますね。)、病院内でちょっとした実験検査を行ったりした後。 (特に、クッシングのホルモン検査は再度行わず)

恐らく日本で一番多くクッシングの子を診て来られた松木先生が仰ったことは。。。


  これはクッシングの症状じゃないね


やったぁー! やったぁーー!! やったぁーーー!!!
嬉しい 嬉しい 嬉しい 
  何万回も叫びたい気分  

DSC05085.jpg



、私は舞い上がって言葉を勘違いしたらしい。。。(夜、T母さんからの電話でその間違いに気づく)。  確かにクッシングの典型的な症状はないけど、クッシングを100%否定は出来ないらしい  非常に稀な特異なクッシングのケースもあるらしい。。。

多飲多尿自体に原因はあるわけで。。。  松木先生が仰ったのは、「お会いするまで60%で心因性だと思ってました。 が、今日お会いして80%に上がりました。 ただ、心因性多飲は稀であり診断が非常に難しいです。」と。  これから松木先生と少し時間をかけて実験検査をしながら本当の原因を探っていく予定です。  それほど、心因性の確定診断は難しいということであり、間違った診断をしてしまえば本来の病気を見逃してしまうと言うことなんだと思います。 クッシングの診断で悩んでいる飼い主さん達のために、また経過は書いていこうと思います。

IMG_1029.jpg



ここまで来るのに3ヶ月かかった。。。  私が辛かったことなんてどうでもいい。 ぽんちゃんに痛い注射を何度もしてしまったこと、副作用のある薬を飲ませ続けてしまったこと、全身麻酔をかけてMRIで怖い思いをさせたこと。。。ぽんちゃんには、本当に可哀想なことをしたと思う。

確定診断をした最初の病院やセカンドオピニオンをお願いした東京N大学の先生には、ぽんちゃんの症状が特異であることを伝え、人一倍びびりなことも説明したが、「まぁ、そういうこともあるでしょう。」と聞いてもらえなかった。  T母さんは最初から、そんなに早く確定診断をする症状ではないとおっしゃっていたにもかかわらず。。。 全て、彼らの診断を受け入れた私の責任だ。

「クッシング」と決めつけすぐに確定診断を下した病院そして大学病院に対しては、憤りを感じるが。。。 私の実家も(人間の)病院をやっており診断の難しさはわかっている。  誰にも言えなかったこと。。。そして何十年たった今でも忘れられないこと。  私が小学生の時。 かかってきた電話を取った途端、いきなり知らない女性に「お前の父親は人殺しだ!」と罵られた。。。  まだ小学生だった私は怖くて怖くて、誰にもこのことを言えずトラウマになり、大きくなるまで電話が取れなかった。

人間でさえ、診断が難しい病気はいっぱいある。 ましてや、物言えぬ犬の診断が更に難しいことは理解している。 だから、多飲多尿+グレーなホルモン数値だけでクッシングと診断した先生達への憤りよりも、早々に再診断を決断して下さった今の主治医のS先生と、ずっと心配して今回の全てを手配して下さったT母さんに出会えたことを、私は感謝したいと思う。。。

IMG_1031.jpg



そして、これまでの3ヶ月。  ポワロ家に暖かいメッセージや優しい言葉をかけて下さった皆さん。 本当にありがとうございます。 そして、ご心配をおかけし本当にごめんなさい。。。


皆さんのおかげで、またポワロ家に少し笑顔が戻りました  引き続き、正しい原因がわかるまで頑張ります

DSC05796.jpg





皆さんの応援には感謝の気持ちでいっぱいです
とりあえず良かったねぇ~!とクリックして頂けると嬉しいです

 

MRIで見えたもの


昨日9月23日土曜日朝。  MRIを受けに行って来ました。

DSC05421_201709240945042e5.jpg


結果を待つ間。  過呼吸みたいに息が苦しくなり、貧血を起こして意識が飛び始め、私の方が死ぬかと思ったその時。。。面談室に呼ばれた。

そして、先生から伝えられた結果は。。。。



心配されていた予後の悪い脳腫瘍や下垂体巨大腫瘍もなく、全く問題のない脳でした  

嬉しい 嬉しい ホントに嬉しい


MRIの予約が入ってからのこの2週間。  ホントに毎日生きた心地がしなかった。  いやこの3ヶ月。 薬の効かないぽんちゃんがもしかしたら、もっと悪い病気じゃないかと毎日怯えて暮らしてた。   

DSC05457.jpg



ただ、私はちょっと勘違いしていたのだけれど。。。  MRIを受けて腫瘍が見つかれなければ、クッシングでもない!と思ってたら。。。そうではないらしい。  クッシングの原因である脳下垂体腺腫は微小の腫瘍で、MRIでは映らないらしい。 

そこで、今度は今週、内分泌の第一人者である東大病院の教授であった松木先生の診察を受ける予定。 クッシングのブログを開くと、必ずといっていいほどこの松木先生のお名前が出てくる。 それほど、内分泌(クッシング含む)では日本一の先生。 実はセカンドオピニオンをこの先生にお願いしたくて、7月に東大病院のアポをTryしたら、6月末に東大病院を退職されていた

でも、T母さんとS先生のご協力で、今回8月に個人病院を開業されたこの先生とのアポが取れた! これで、ぽんちゃんの病気がホントにクッシングなのか? 他のホルモンの病気なのか? きっとわかるはず。。。

DSC05599.jpg



どこまでも手放しでは喜べないけど。。。 ぽんちゃんが、“死”を宣告されるような病気でないなら、予後の悪い病気でなければ、それだけで今はいい  私とまぁちゃんは、頑張れる

IMG_0959.jpg



麻酔から覚めたぽんちゃんが、奥の処置室でずっと吠え続けてた。。。  病院でも美容院でもホテルでも、鳴いたりしないぽんちゃん。 いつもおとなしく待てるぽんちゃん。  なのに、ずっとずっと鳴いていた。。。  きっと怖かったんだろう。 寂しかっただろう。 不安だったんだろう。。。 可哀想で泣けてきた・・・。

ごめんね、ぽんちゃん。  もうすぐ、ホントに正しい治療をしてあげられるから。  MRIを受けて、やっと少し明日がみえて来たから。 もうちょっと一緒に頑張ろうね

DSC05636.jpg



ぽんちゃんのためにいつも祈って下さって、応援して下さって本当にありがとうございます。  少し良いご報告が出来て、嬉しいです



引き続き、ぽんちゃんを応援して頂けると嬉しいです。。。
MRIの結果良かったねぇ~っとクリックお願いしま~す!
 

見えない明日・・・。


前回の記事の後。 たくさんの皆さんから、ぽんちゃんの元気な姿が見られて「嬉しい!」ってご連絡を頂いて、私の方がいっぱいいっぱい嬉しい気持ちにさせて頂きました  優しいメッセージを下さった皆さん、素敵な贈り物を送って下さった皆さん、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 ありがとうございます


ぽんちゃんは、変わらず元気で、私たちを幸せにしてくれて。。。

DSC05227.jpg


相変わらずいたずらに精を出して、私たちを怒らせて。。。

DSC05347.jpg


変わらない可愛い笑顔で、私たちを癒してくれてます

IMG_0949.jpg



しかし、クッシングの投薬治療を始めてから、はや2ヶ月。  薬が全く効かないこと、元々のぽんちゃんの臨床症状がクッシングにしては特異であること、少し気になる症状もあることから、他の病気の可能性も考えられ、再度診断を一からやり直すことになりました。

脳腫瘍等の脳に他に原因がある病気や、内分泌系の他の病気。。。可能性はいろいろあるけれど、一般の臨床医では、これ以上の診断は無理とのこと。  まずはMRIで腫瘍の有無を確認後、症例を多く扱っている内分泌の権威である元東京大学教授の診察を受けるよう手配して頂くことになりました。  ぽんちゃんのことを親身になって考えて下さって、一生懸命最善の治療をして下さるS先生とT母さんには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです



ただ、辛いです。。。哀しいです。。。そして怖いです  治らない病気と知ってどん底に落ち込み、それでも皆さんの励ましのおかげで、やっと前向きに治療に入れたのに。  薬が効いて、うまく薬と付き合いながら、15歳いやそれ以上に長生き出来ると思えるようになった矢先。 

その肝心の薬が効かない。。。もっと深刻な病気だったら。  怖い。。。怖い。。。怖い。  MRIで悪いものが見つかったらと思うと、毎日生きた心地がしません。 



この笑顔を守りたい。 あと、10年先もずっとこの笑顔をみていたい。  それだけが、私とまぁちゃんの願いです。
[広告] VPS


岡本真夜さんが唄った「Tomorrow」。  涙の数だけ強くなれるのなら、私はこの2ヶ月で強くなれたはず。 でも、まだ私は弱虫だから、ぽんちゃんの病気が悪いものでないことをどうか祈って下さい。

DSC05542.jpg





これからも、ぽんちゃんを応援して頂けると嬉しいです。。。
ぽんちゃんへの応援のクリックお願いします。
 

我が家の希望の光でした。。。ありがとう


皆様、ご無沙汰しております。

あれからもう2か月がたちました。  ブログのコメントに、メールに、携帯に、インスタに、いっぱいの励ましと応援のメッセージを頂きまして、本当にありがとうございました  まぁちゃんと一緒に、泣きながら感謝しながら読ませて頂きました。 

本来なら、1つ1つにご返信しなければならないところですが、あれからもいろいろありました。  どうしてもぽんちゃんの病気に諦めがつかず大学病院に行ったり、私の左目が突然見えなくなったり、ぽんちゃんのために最良の治療をしたくて転院したり。。。

DSC04915.jpg



後ろ向きのどん底の気分の中、私がすがったのが、獣医であるT母さん・R母さん。  そして、ロイス君の病気と闘うくろ母さんでした。  1度だけ、しかも短い時間しかお会いしたことのないくろ母さんですが、一番に「一緒に頑張ろう!」ってメッセージを下さって。  それに号泣した私は、それからも甘えてお電話させて頂いたり、LINEさせて頂いたり。。。落ち込んで悪いことしか考えられない中、本当に励まして頂きました

余命宣告を受けながら奇跡の復活を果たし、笑顔で幸せな時を刻んだロイス君は、我が家の希望の光でした。  そして、いつもそんなロイス君を優しさと笑顔で包んだくろ母さんは、私のお手本でした。  いつも励ますつもりが、励まして頂いてね。。。 ホントに、強くて立派なくろ母さんとダメダメな私です

私は今、希望の光を失い、ちょっとうろたえてます。。。 でも、最後の時までロイス君が幸せでいられたのは、くろ母さんの愛情と優しさと強さ。  私はこれからもその姿をお手本に頑張っていこうと思います。  


ロイス君、私ね。  いつもロイス君のママに言うんだよ。 私が犬に生まれ変わったら、ロイス君ちの子になりたいのって。 だって、毎日車でいろんな所に連れて行ってもらえて、美味しい物いっぱい作ってもらえて、病気になっても笑顔で頑張ってくれるんだもん。 ロイス君みたいな幸せな子になりたいの

どうかお空でも幸せにね。  いつか、またそっちで、私の大好きなへにゃって笑顔を見せてね! そして、どうかぽんちゃんの事もお空から守ってね

20121006234803510_20170830103942c2e.jpg
2012年10月撮影

ロイス君のご冥福をお祈りいたします。 優しい時間の流れが、ロイス家の皆さんの哀しみを癒してくれますように。。。




皆さんに大変ご心配頂いているぽんちゃんですが。。。 1カ月半たった今も、まだお薬が効かず、悶々としたり落ち込んだりする毎日です

でもね。  前と変わらず元気で美しいコイケルのままなんですよ

DSC05267.jpg


そして、あいかわらずゴロすりに失敗したり。。。

DSC05259.jpg


大好きなママの洋服の上で寝たり。。。

DSC05119.jpg


大好きな(?)まぁちゃんの上で最高の笑顔です

DSC03464.jpg



でもね。 病気のせいで、毎日おねしょ小僧だったり。。。

DSC05045.jpg


前にもまして、いつも腹ペコ王子です。

DSC04080.jpg



ぽんちゃんの病気はストレスが大敵なので、病気を抱えながらも、毎週末前にもまして家族みんなでお出かけして、幸せな時間を過ごしてます

DSC05205.jpg



私は、今回、ロイス家のブログで勇気をいっぱいもらいました。 そして、クッシングという病気を抱えて、長生きして幸せに暮らしているわんちゃん達のブログで前向きな気持ちになれてます

頂いたメッセージの中で、たくさんの方から、たまにでいいからぽんちゃんの様子をブログで知らせて欲しいという言葉を頂きました。  今は、まだお薬が効かず気持ちの余裕がありませんが、お薬の調整がうまくいって普通の生活に戻れた時は、いつか戻ってきてぽんちゃんの笑顔とポワロ家のドタバタを見て頂ければと思ってます。

前向きになれたのも、皆さんのおかげです。 チームAや幼馴染さんや福岡の親戚さん。 そしてコイケルのお仲間さんやブログを読んでくれてたお会いしたことのない皆さん。  本当にありがとうございました。  いつか、皆さんにポワロ家の笑顔を見て頂くことでお礼が出来ればと思ってます

DSC03375.jpg


また、お会いしましょう。。。




今までありがとうございました。 こんな最後になるなんて。。。


私は、7月1日という日をこれから一生忘れないと思います。
精密検査の結果、ぽんちゃんはやはり「クッシング症候群」という病気にかかってました。

DSC00618.jpg



それを告げられた時、私は病院で泣き崩れました。 クッシング症候群は治らない病気です。 一生薬と上手く付き合っていくことで、長生きする子もいます。 でも、今の私は。。。 常にホルモンの数値に神経を尖らせ、併発する病気に怯え、腫瘍の増大への不安を抱える生活に耐える強さがありません。  


この病気の発症年齢は主に8歳以上。 多くは10歳以上のワンコです。 私だってシニアを迎えた10歳なら、冷静でいられたかもしれません。

でも、ぽんちゃんは、まだ5歳です。 

なんで、5歳のぽんちゃんが!  どうして、ぽんちゃんがそんな病気にかからなきゃいけないの!!



何度泣き叫んだか覚えてません。  この2日間。 泣いて泣いて。。。物が食べられなくて、悪夢にうなされ何度も夜中飛び起きて!  ぽんちゃんの病気が夢でないことを思い知らされる。。。その繰り返し。

ぽんちゃんが我が家に来た時から、無添加手作りフードを取り寄せ、おやつにも十分注意し、毎月定期検査も欠かすことなく、ぽんちゃんの健康を一番に考えてきたのに。。。  悔しいです。 哀しいです。 辛いです。


私は、ぽんちゃんがこれから毎月、大嫌いな病院に行って血液反応検査をしなきゃいけないこと。  ぽんちゃんが、これから他の病気にかかりやすいこと。  ぽんちゃんが、辛い思いをすることが耐えられないのです。。。


でも、ぽんちゃんを守ってあげられるのは私とまぁちゃんだけ。  Y病院の先生方、獣医のR母さんとT母さんの言葉を信じて、ぽんちゃんがあと10年幸せに生きていけるよう、明日からは前を向いていくつもりです。  もし悪化した場合には、会社も辞める覚悟でぽんちゃんの笑顔を守るつもりです。

DSC03857.jpg



リスクを考えると、ぽんちゃんに、もうアジリティをさせることも、飛行機に乗せることもありません。  数値が落ち着くまでは、お友達に会うことも、旅行も無理でしょう。  

でも、幸い発見が早かったため早期治療が出来ます。  だからいつか「ちょっと持病をもった子供」と思えるような状態に落ち着いたら、また笑顔が戻ったポワロ家に会ってやって下さい。

DSC03785_20170702225857aaa.jpg

DSC00891.jpg



今回、私はクッシング症候群のわんちゃん達のブログをいっぱい読んで、参考にさせて頂きました。  でも、私にそんな強さはありません。 ぽんちゃんの病気を書いていく勇気がありません。  なので、これがポワロ家最後のブログになります。

いつも読んで下さって。。。いつも大好きですって言って下さって、本当にありがとうございました。  こんな終わり方であることを本当に残念に思います。



いつも締めているコメント欄を最後に開けておきます。 どうかクッシングという病気を体験した方がいらっしゃいましたら、非公開コメでもメールでも良いので教えて頂けましたら幸いです。

そして、お薬がちゃんと効き続け、腫瘍も大きくなることなく。。。ぽんちゃんが普通の子と同じように幸せで長生き出来ることを祈って下さい。

DSC03512.jpg


私が耐えられない事

今日、会社を早退して、ぽんちゃんを連れて病院に行って来た

3週間ぐらい前から、ぽんちゃんの飲むお水の量が増えて。。。 元々、よくお水を飲む子だったし、「お水を飲む=体に良い事」と思っていた私。  それが、ここ10日間ぐらいになると、一日にお水を1リットル以上飲んでいる事に気づく。  通常、7キロのぽんちゃんであれば、よく飲んでも500-600gらしい。   異常だ・・・。

DSC04793_20170622230446e54.jpg



予想通り、Dr Nにも「それは異常ですね。 原因を検査で潰していくしかないですね」と言われたので、 「いくらお金がかかってもいいので、全ての検査をお願いします。」という私の言葉に従って、検査開始。

外注検査以外の検査結果を待って、出た答えは「UPC」の高値。。。。  Dr. Nから多飲多尿、UPCの高値から考えられる病気は「クッシング」と「腎炎」と言われる。

私の「その病気は完治するんですか?」という質問に対する答えは、「完治はありません」



ここから、私はパニック状態。  

自分に腫瘍が出来たの知っても、顔を切らなきゃいけないと分かっても。。。負けてられるかぁ~!って頑張れる。  会社で理不尽なManager達相手にしなきゃいけなくても、アホなアメリカ人と仕事しなきゃいけなくても。。。こんちくしょ~!って頑張れる。  自分勝手な人達に出会っても、常識のない人達に煩わされても。。。くそったれぇ~!って頑張れる。

でも、ダメ  ぽんちゃんが病気はダメ  ぽんちゃんが苦しい思いするのはダメ  ぽんちゃんが元気で幸せじゃないとダメ

DSC03434.jpg



よく覚えてないけど、泣きながら一緒に散歩行ってね。  泣きながらぽんちゃん抱きしめてね。  食べた物、全部吐きまくった。。。。  私、マインドめっちゃよわっ!

そして、獣医のR母さんとT母さんに連絡。  R母さんからのメール読んで、T母さんとお話させて頂いたらやっと落ち着いた。  二人の答えは、多飲多尿は確かに異常だけどちゃんと検査しなきゃわからないし、数値も高いけどすっごく異常じゃないし。  今から泣いててどうするの! だった。  

なんか、なんか、ホッとした。  ホントにホントにありがとうございます  



もちろん、病気の可能性は十分あるわけで。。。 でも、7月1日に予約いれてあるDogドックの検査を待つしかないらしい。  

私の腫瘍が悪性でもいいから。。。 顔に大きな傷が残ってもいいから。。。 顔面麻痺が起こってもいいから。。。 どうかどうかぽんちゃんが完治しますように。  

DSC02156.jpg


とりあえず、まぁちゃんと相談して、今週末は川崎大師に お払い に行って来ます。。。



楽しくない記事ばかりでごめんなさい。。。 ホントに嫌なこと続きのポワロ家です

ぽんちゃんが元気で幸せな毎日を送れるよう、ポチッ!とお祈りお願いします。  
 

黒は危険信号なのです! ~ポワロ家年末事件簿


実は、うんP事件には続きがありまして。。。

リビングに転がったうんPの色が、異常に黒いことが気になった私とまぁちゃん。 皆さんもご存知のように、「黒いうんP=血液が混じったうんP」の可能性ありということで、元気なぽんちゃんを連れてまた病院へ行ってきました 


まずは、まぁちゃんの膝の上でいつもの敵情視察

1_201701212252187f8.jpg


診察室から聞こえてくる、他のわんちゃんの悲痛な叫びに。。。

2_20170121225219e1e.jpg


脱走 (なんせ、元気なのに病院へ連れてきてるもんで

3_20170121225221177.jpg



次はやはり、正統派で行くことにしたらしい。 椅子の下に隠れる

5_20170121225224a07.jpg


が、目の前のクリスマスツリーが目に入り、今日は「ツリーの下作戦」に変更したようだ。

6_20170121225226ef7.jpg


丸見えだけどね

7_20170121225227822.jpg



そのあとも、落ち着かず。。。 まぁちゃんの膝の上に再び乗ってみたりぃ~

8_20170121225229742.jpg


9_201701212252301a1.jpg


でもやっぱり逃げ易さを考え、下に降りたりぃ~忙しい

10_201701212252313f3.jpg


11_201701212252338fa.jpg



そうこうする内に、名前を呼ばれ診察室へ  期待を裏切らず。。。診察室で大暴れ  うんPが黒いのは、やはり出血によるものでした。  ただ、出血量が多いわけでなく、恐らく硬い物 (=拾い食いした物)を食べて、食道とか胃とかを軽く切っただけでしょうとのこと。  ワンコにはよくあることで、問題ありませんと言って頂き一安心 (この日から1週間後に出たうんPの検査結果でも全く問題ありませんでした。)

ホントに毎度毎度お騒がせのポワロさん。  診察が終わるとこの笑顔

12_2017012122523506b.jpg


出血と言われるとドキッとしたけど、ホントに何もなくて良かったぁ~

13_20170121225236a8f.jpg
(嘘をつくな、嘘を!) 



 
うんPってホントに健康のバロメーターなんですねぇ。 これからもお世話になります

病院で頑張ったぽんちゃんに、ポチッとお願いしまぁ~す
こちらをクリックしてね!

 

新米ママは、すぐ病院に走る・・・。


12月5日(月)朝6時。 眠い目をこすり1階に降りて行くと、そこには悪夢のような光景が。。。ぽんちゃんが、部屋中に嘔吐しまくってくれてました   おかげで、一発で目が覚めましたけどね。。。 

お食事中の方申し訳ございません
1_201701212140336bf.jpg


柔らかくしたご飯を食べるには食べたが、考えられない普通の速度で (注: いつもは30秒の瞬食)、全く元気がない

2_20170121214034631.jpg


会社に行く準備をする私の膝の上に乗って、哀しい顔・・・。

3_20170121214036ece.jpg



普段こんなことは絶対にないので、急遽会社を半休して病院へ行って来ました   いつものように、椅子の下(=私の脚の間) に隠れて順番を待つ

5_20170121214039418.jpg
(帰りません!)



朝一番の病院は空いていてすぐに診察して頂くが、全く問題なし。 というか、診察室で元気に大暴れ・・・  「元気がなくて、具合が悪いみたいなんです。。。」と、Dr. Sに訴えた私の立場は。。。

そうなんです。  ぽんちゃん、3時間で。。。しかも病院に来て回復したようなんです 

6_20170121214040fca.jpg


なんだったんだぁ~   まぁ~、良かったんですけどね。 

7_2017012121404247c.jpg



原因がわからないまま。。。 とりあえず、なるべく消化に良いモノを食べさせるよう言われたので、おやつにさつま芋チップを作る母の愛

8_20170121214043c37.jpg


さつま芋チップに食いつく、朝とは別人のポワロさん

9_20170121214045dd1.jpg

10_20170121214046c7f.jpg


元気になっても、指まで食べるのは止めて下さい。。。

11_20170121214048078.jpg



 
焦って、すぐ病院に走ってしまう新米ママ。 子育てって難しぃ~

1日一回、ぽんちゃんにポチッとお願いしまぁ~す
こちらをクリックしてね!

 

main_line
main_line
プロフィール

きょん

Author:きょん
ポワロ
犬種:  コイケル
誕生日: 2011年11月26日
性別:  男の子(でも7.0kg)
両親:  カイxシータ(福岡)
同胎:  驚愕の一人っ子!
住所:  横浜
家族:  まぁちゃんときょん
通称:  ぽんちゃん

コイケルホンディエブログ村

ポワロに応援のポチッ!とお願いしま~す
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
メールフォーム

名前:
本文:

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。