我が家の小姑・・・。


私が家にいる時、常に50センチ範囲内にいるポワロさん  (こんなにマザコンだから、心の病気になっちゃたのかなぁ・・・

2_20161118100557725.jpg


「何か用?」と聞いても、特に用事はないらしい

Picture5_2016111810055902d.jpg



そのポワロさん。。。私が冷蔵庫の前に立つと、カールルイス(ふるっ!) もびっくりの素早さで、必ず前に回り込む 

DSC02864.jpg


冷蔵庫を開ける前、下を見ると必ずはいる    従って、毎回野菜室が開けられない・・・

Picture1_2017032214555094f.jpg
(構うぅ~ちゅうねん



邪魔な小僧をやっとどけ。  野菜室のドアを引くと同時に、なぜか一緒に伸びてくるポワロさんの鼻・・・  (近い近い!)

Picture7_201611181006026c7.jpg


そして、昼ドラに出てくる嫌味な小姑ばりに、野菜室チェックが始まる

Picture9_2016111810060386e.jpg



もしもし・・・・。  チェックを終えた後の、その顔はやめてぇ~  めっちゃ現実味ありすぎて、落ち込むから

Picture10_20161118100611612.jpg


我が家の小姑の冷蔵庫チェックは、今日も非常に厳しいのであった・・・

Picture11_20161118100613bf3.jpg 


海より深く反省しております・・・




ポワロ小姑、厳しい・・・・
今日もポチッと、ぽんちゃんの応援お願いしまぁ~す

 

にほんブログ村



関連記事

夢なら覚めないで。。。


月曜日の診察で松木先生にお聞きするのを忘れた大事な事!  翌日、お電話して聞いてみた。

「先生。 とりあえず、クッシングの可能性は低く治療もStopということですが、普通の生活に戻してもいいですか?  美容院行ったり、犬友さん達と遊んだり、(ゆる~い)アジリティやっても良いですか?」

と、恐る恐るお伺いすると。。。  先生のお返事は、

「全部いいですよ。 普通の生活に戻して下さい。 よく様子をみていて、もし何かあればいつでも連絡下さい。」


やったぁぁぁぁぁああああ

何よりの言葉! 一番嬉しい言葉!! 不安が消えて行く言葉!!!



で、早速翌日の9月27日水曜日  夏休み中の私は、大好きな仲良しチームA(ライク家 + ぴの家)とエルザ家に久しぶりに会って来ましたぁ~

まずは、チームAでワイワイおしゃべりランチ

xx_2017092823213217a.jpg
: 写真撮影は、今日もムダに派手なライク父。。。 (ポワロ家のため?に、会社さぼってくれて ありがとうで~す



しゃべり倒した(笑)楽しいランチの後は、エルザ家と合流して、アジ練という名の犬友遊びぃ~   

3ヶ月前と変わらず、私のおやつ に向かって飛びつくライク兄さん  この顔、懐かしぃ~~

DSC06157.jpg


またぴのちゃんと可愛いツーショットが撮れたよ   また一緒にアジが出来るよ

DSC06442.jpg


あっ。。。。 待てないのも、3ヶ月前と変わってないけど。。。

DSC06445.jpg


そして、ごんちゃん(通称: パティ)の立派な筋肉も健在だよぉ~  みぃ~んな3ヶ月前と同じ

s_201709282321291d7.jpg
: ちなみに、この時ライクママは「ハトヤ大漁」のCMソング歌ってました (関東圏の人しかわかりません。)



そして、幼馴染でぽんちゃんに(後ろから見たら) そっくりのエルちゃん  変わらず今日も可愛ぃ~

DSC06402.jpg


エルちんのお兄ちゃんの蒼ちゃんも来てくれたよ  こちらは、本家本元のモデル犬

DSC06529.jpg


そしてそして、エルザ家の末っ子・げんちゃんにも会えましたぁ~  きゃぁぁあああ~、もう可愛い過ぎるぬいぐるみ

DSC06145.jpg


自分より大きい子は見えないくせに、小さい子にはめっぽう強いポワロさんなのでした。。。

DSC06133.jpg



もちろん最後は。。。 (えぇ~っと。 アジですか? そこはスルーでお願いします )  お約束の集合写真

仲良くゆる~い チームA (+ 会社さぼった派手なおじさん)

v.jpg


きっと、これからもずっと一緒の 幼馴染一同

DSC06583.jpg


そして。。。。 お約束は忘れない (きっぱり)   こらぁぁぁああああああ、ぴーらーごん

DSC06584.jpg


更に、本日のおまけ  会社さぼって反省する?。。。今日もムダに派手なライク父

DSC06467.jpg 



ライク父さん、ライクママ、ぴのママ、エルザママ。  いっぱいおしゃべりして、いっぱい笑って、本当に楽しい一日でした  いつもありがとう

良くも悪くもストレスのかかるであろうアジは、もう出来ないと思ってた。。。  こんなに早くみんなと大笑い出来るなんて思ってなかった。。。 ぽんちゃんが、今日も笑顔でいられることに感謝します

DSC06439.jpg


4月で止まってしまった記事からこの3ヶ月のことまで、ボチボチ更新して行こうと思います。 お待たせしている皆さん、もう少し待っててね



こんな日が来るなんて、本当に嬉しぃ~! 全てに感謝
普通の生活の第一歩に! 応援宜しくお願いしまぁ~す

 

にほんブログ村


関連記事

確定診断の難しさ

9月25日(月曜日)。  東京の渋滞に揉まれながら。。。 まつき動物病院に行って来ました  6月に東京大学を辞められ、8月から開業されたクリニックはとっても綺麗。  そして、松木先生はとっても穏やかで優しくて素敵な先生でした

今までに、何百頭(何千頭?) ものわんちゃんに会っている松木先生。  実は、コイケルを見たのは今日が初めてだそうで、なんとぽんちゃんが記念すべき「コイケル第一号」でした  でも、それだけコイケルに内分泌の難しい症例が少ないということでしょうか?

IMG_1023.jpg



既にT母さんから全ての資料が渡り、事前にいろいろ調べて下さっていた先生。  まずはMRI画像を見て、「稀に脳腫瘍による多飲多尿の可能性もありますが、全く問題のない普通の脳ですね。」と、松木先生にも診断頂きました  まずは第一関門クリア~

そして、ぽんちゃんの現在の特異な症状を再度説明し(詳細は、また別途ブログに書きますね。)、病院内でちょっとした実験検査を行ったりした後。 (特に、クッシングのホルモン検査は再度行わず)

恐らく日本で一番多くクッシングの子を診て来られた松木先生が仰ったことは。。。


  これはクッシングの症状じゃないね


やったぁー! やったぁーー!! やったぁーーー!!!
嬉しい 嬉しい 嬉しい 
  何万回も叫びたい気分  

DSC05085.jpg



、私は舞い上がって言葉を勘違いしたらしい。。。(夜、T母さんからの電話でその間違いに気づく)。  確かにクッシングの典型的な症状はないけど、クッシングを100%否定は出来ないらしい  非常に稀な特異なクッシングのケースもあるらしい。。。

多飲多尿自体に原因はあるわけで。。。  松木先生が仰ったのは、「お会いするまで60%で心因性だと思ってました。 が、今日お会いして80%に上がりました。 ただ、心因性多飲は稀であり診断が非常に難しいです。」と。  これから松木先生と少し時間をかけて実験検査をしながら本当の原因を探っていく予定です。  それほど、心因性の確定診断は難しいということであり、間違った診断をしてしまえば本来の病気を見逃してしまうと言うことなんだと思います。 クッシングの診断で悩んでいる飼い主さん達のために、また経過は書いていこうと思います。

IMG_1029.jpg



ここまで来るのに3ヶ月かかった。。。  私が辛かったことなんてどうでもいい。 ぽんちゃんに痛い注射を何度もしてしまったこと、副作用のある薬を飲ませ続けてしまったこと、全身麻酔をかけてMRIで怖い思いをさせたこと。。。ぽんちゃんには、本当に可哀想なことをしたと思う。

確定診断をした最初の病院やセカンドオピニオンをお願いした東京N大学の先生には、ぽんちゃんの症状が特異であることを伝え、人一倍びびりなことも説明したが、「まぁ、そういうこともあるでしょう。」と聞いてもらえなかった。  T母さんは最初から、そんなに早く確定診断をする症状ではないとおっしゃっていたにもかかわらず。。。 全て、彼らの診断を受け入れた私の責任だ。

「クッシング」と決めつけすぐに確定診断を下した病院そして大学病院に対しては、憤りを感じるが。。。 私の実家も(人間の)病院をやっており診断の難しさはわかっている。  誰にも言えなかったこと。。。そして何十年たった今でも忘れられないこと。  私が小学生の時。 かかってきた電話を取った途端、いきなり知らない女性に「お前の父親は人殺しだ!」と罵られた。。。  まだ小学生だった私は怖くて怖くて、誰にもこのことを言えずトラウマになり、大きくなるまで電話が取れなかった。

人間でさえ、診断が難しい病気はいっぱいある。 ましてや、物言えぬ犬の診断が更に難しいことは理解している。 だから、多飲多尿+グレーなホルモン数値だけでクッシングと診断した先生達への憤りよりも、早々に再診断を決断して下さった今の主治医のS先生と、ずっと心配して今回の全てを手配して下さったT母さんに出会えたことを、私は感謝したいと思う。。。

IMG_1031.jpg



そして、これまでの3ヶ月。  ポワロ家に暖かいメッセージや優しい言葉をかけて下さった皆さん。 本当にありがとうございます。 そして、ご心配をおかけし本当にごめんなさい。。。


皆さんのおかげで、またポワロ家に少し笑顔が戻りました  引き続き、正しい原因がわかるまで頑張ります

DSC05796.jpg





皆さんの応援には感謝の気持ちでいっぱいです
とりあえず良かったねぇ~!とクリックして頂けると嬉しいです

 

にほんブログ村


関連記事

MRIで見えたもの


昨日9月23日土曜日朝。  MRIを受けに行って来ました。

DSC05421_201709240945042e5.jpg


結果を待つ間。  過呼吸みたいに息が苦しくなり、貧血を起こして意識が飛び始め、私の方が死ぬかと思ったその時。。。面談室に呼ばれた。

そして、先生から伝えられた結果は。。。。



心配されていた予後の悪い脳腫瘍や下垂体巨大腫瘍もなく、全く問題のない脳でした  

嬉しい 嬉しい ホントに嬉しい


MRIの予約が入ってからのこの2週間。  ホントに毎日生きた心地がしなかった。  いやこの3ヶ月。 薬の効かないぽんちゃんがもしかしたら、もっと悪い病気じゃないかと毎日怯えて暮らしてた。   

DSC05457.jpg



ただ、私はちょっと勘違いしていたのだけれど。。。  MRIを受けて腫瘍が見つかれなければ、クッシングでもない!と思ってたら。。。そうではないらしい。  クッシングの原因である脳下垂体腺腫は微小の腫瘍で、MRIでは映らないらしい。 

そこで、今度は今週、内分泌の第一人者である東大病院の教授であった松木先生の診察を受ける予定。 クッシングのブログを開くと、必ずといっていいほどこの松木先生のお名前が出てくる。 それほど、内分泌(クッシング含む)では日本一の先生。 実はセカンドオピニオンをこの先生にお願いしたくて、7月に東大病院のアポをTryしたら、6月末に東大病院を退職されていた

でも、T母さんとS先生のご協力で、今回8月に個人病院を開業されたこの先生とのアポが取れた! これで、ぽんちゃんの病気がホントにクッシングなのか? 他のホルモンの病気なのか? きっとわかるはず。。。

DSC05599.jpg



どこまでも手放しでは喜べないけど。。。 ぽんちゃんが、“死”を宣告されるような病気でないなら、予後の悪い病気でなければ、それだけで今はいい  私とまぁちゃんは、頑張れる

IMG_0959.jpg



麻酔から覚めたぽんちゃんが、奥の処置室でずっと吠え続けてた。。。  病院でも美容院でもホテルでも、鳴いたりしないぽんちゃん。 いつもおとなしく待てるぽんちゃん。  なのに、ずっとずっと鳴いていた。。。  きっと怖かったんだろう。 寂しかっただろう。 不安だったんだろう。。。 可哀想で泣けてきた・・・。

ごめんね、ぽんちゃん。  もうすぐ、ホントに正しい治療をしてあげられるから。  MRIを受けて、やっと少し明日がみえて来たから。 もうちょっと一緒に頑張ろうね

DSC05636.jpg



ぽんちゃんのためにいつも祈って下さって、応援して下さって本当にありがとうございます。  少し良いご報告が出来て、嬉しいです



引き続き、ぽんちゃんを応援して頂けると嬉しいです。。。
MRIの結果良かったねぇ~っとクリックお願いしま~す!
 

にほんブログ村


関連記事

見えない明日・・・。


前回の記事の後。 たくさんの皆さんから、ぽんちゃんの元気な姿が見られて「嬉しい!」ってご連絡を頂いて、私の方がいっぱいいっぱい嬉しい気持ちにさせて頂きました  優しいメッセージを下さった皆さん、素敵な贈り物を送って下さった皆さん、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。 ありがとうございます


ぽんちゃんは、変わらず元気で、私たちを幸せにしてくれて。。。

DSC05227.jpg


相変わらずいたずらに精を出して、私たちを怒らせて。。。

DSC05347.jpg


変わらない可愛い笑顔で、私たちを癒してくれてます

IMG_0949.jpg



しかし、クッシングの投薬治療を始めてから、はや2ヶ月。  薬が全く効かないこと、元々のぽんちゃんの臨床症状がクッシングにしては特異であること、少し気になる症状もあることから、他の病気の可能性も考えられ、再度診断を一からやり直すことになりました。

脳腫瘍等の脳に他に原因がある病気や、内分泌系の他の病気。。。可能性はいろいろあるけれど、一般の臨床医では、これ以上の診断は無理とのこと。  まずはMRIで腫瘍の有無を確認後、症例を多く扱っている内分泌の権威である元東京大学教授の診察を受けるよう手配して頂くことになりました。  ぽんちゃんのことを親身になって考えて下さって、一生懸命最善の治療をして下さるS先生とT母さんには、本当に感謝の気持ちでいっぱいです



ただ、辛いです。。。哀しいです。。。そして怖いです  治らない病気と知ってどん底に落ち込み、それでも皆さんの励ましのおかげで、やっと前向きに治療に入れたのに。  薬が効いて、うまく薬と付き合いながら、15歳いやそれ以上に長生き出来ると思えるようになった矢先。 

その肝心の薬が効かない。。。もっと深刻な病気だったら。  怖い。。。怖い。。。怖い。  MRIで悪いものが見つかったらと思うと、毎日生きた心地がしません。 



この笑顔を守りたい。 あと、10年先もずっとこの笑顔をみていたい。  それだけが、私とまぁちゃんの願いです。
[広告] VPS


岡本真夜さんが唄った「Tomorrow」。  涙の数だけ強くなれるのなら、私はこの2ヶ月で強くなれたはず。 でも、まだ私は弱虫だから、ぽんちゃんの病気が悪いものでないことをどうか祈って下さい。

DSC05542.jpg





これからも、ぽんちゃんを応援して頂けると嬉しいです。。。
ぽんちゃんへの応援のクリックお願いします。
 

にほんブログ村


関連記事
プロフィール

きょん

Author:きょん
ポワロ
犬種:  コイケル
誕生日: 2011年11月26日
性別:  男の子(でも7.0kg)
両親:  カイxシータ(福岡)
同胎:  驚愕の一人っ子!
住所:  横浜
家族:  まぁちゃんときょん
通称:  ぽんちゃん

コイケルホンディエブログ村

ポワロに応援のポチッ!とお願いしま~す
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

検索フォーム
メールフォーム

名前:
本文:

リンク